買ってはいけない洗濯機って?買ってよかった洗濯機おすすめ6選!

買ってはいけない洗濯機って?買ってよかった洗濯機おすすめ6選!
「どの洗濯機が購入して満足できるのか、逆に買ってはいけない機種は?」

という疑問は多くの人が抱くでしょう。

最近は多くの高機能な洗濯機が販売されていますが、その中で実際に買ってよかったと評判の商品は何なのか。

  • 縦型かドラム式か
  • 買ってよかった洗濯機は何か?
  • 買ってはいけない洗濯機は存在するのか?

これらの疑問について、興味を持っている方も多いでしょう。

この記事では、縦型とドラム式の各洗濯機で買ってよかった製品について、ユーザーのレビューを交えて紹介します。

さらに、買ってはいけない洗濯機も明示的に取り上げます。

東さん
買ってよかった洗濯機の選び方のコツもしっかりと解説しますので、ぜひ参考にしてください。

買ってよかった縦型洗濯機トップ3:特にパナソニックとその他は?

買ってはいけない洗濯機って?買ってよかった洗濯機おすすめ6選!
初めに、縦型で特に買ってよかった洗濯機を取り上げてみましょう。

東さん
縦型洗濯機が秀でる点はなんといっても洗浄性能が高い!

特に子供がいる家庭では、この高い洗浄力が重宝します。

単身者の場合、特別な機能にこだわる必要は少ないかもしれませんが、しっかりと汗や泥を落とせるかどうかは、選定の重要なポイントです。

さて、縦型で買ってよかった洗濯機のトップ3は以下です。

  • 日立 全自動洗濯機「ビートウォッシュ」BW-V70F
  • パナソニック 縦型洗濯乾燥機 NA-FW100K9
  • シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-PW11ES

それぞれについて、詳細を探っていきます。

買ってよかった洗濯機①:日立 ビートウォッシュ BW-V70J

買ってはいけない 洗濯機
買ってよかった縦型洗濯機のリストを先頭に飾るのは「日立 ビートウォッシュ BW-V70J」です。

この洗濯機は、ナイアガラビートウォッシュと呼ばれる、圧倒的な洗浄力を誇ります。

特に頑固な汗の染みや黄ばみにも対応する、つけおき洗い機能も搭載。

高い洗浄能力を持ちながらも、布地に対しては繊細な洗いを可能にしています。

さらに、水の使用量も効率よくコントロールし、節水にも貢献しています。

洗剤に関しても、液体か粉末かを選べるので、どちらもその特長を最大限に活かした洗いができます。

粉末洗剤の残留問題も解消されているのが、この洗濯機の魅力です。

日立 ビートウォッシュ BW-V70Jの最安値はコチラ!

買ってよかった洗濯機②:パナソニック 縦型洗濯乾燥機 NA-FW10K2

買ってはいけない 洗濯機
次に取り上げるのは、優れた縦型洗濯機の1つである「パナソニック 縦型洗濯乾燥機 NA-FW10K2」です。

この洗濯機は推し家電大賞2022で大賞に輝き、特に洗浄力が高く評価されています。

日立ビートウォッシュとは異なり、「すごおち泡洗浄」と「パワフル立体水流」が特徴の洗濯モードです。

立体水流とは、上からも横からも水を噴射し、洗い残しがないように設計されています。

この洗濯機では、洗剤を先に泡立ててから投入する仕組みがあり、それにより洗剤の洗浄力を最大限に引き出します。

さらに、洗剤や柔軟剤の自動投入機能が付いており、手間を省ける点も評価が高いです。

洗剤、柔軟剤、漂白剤などを事前にタンクに補充しておけば、洗濯物の量に応じて自動で適量を投入してくれるので、非常に便利です。

パナソニック 縦型洗濯乾燥機 NA-FW10K2の最安値はコチラ!

買ってよかった洗濯機③:シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-PW11H-T

買ってはいけない 洗濯機
最後におすすめする縦型洗濯機は「シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-PW11H-T」です。

この洗濯機は、超音波を使用して汚れを感知し、それに合わせた洗浄を行います。

デザインもスタイリッシュで、スマートフォンと連動して、洗濯状況の確認や洗い方のアドバイスが受けられる点も魅力です。

特筆すべきは、洗濯槽に穴がない設計です。

これにより、洗濯槽の裏側での汚れや黒カビが発生しづらく、常に清潔な状態で洗濯ができます。

見えない部分の清潔性を保つこの特長は、多くの人々にとって非常に価値のあるポイントと言えるでしょう。

以上の3機種は、それぞれ異なる特長と高い性能で「買ってよかった」と評価されています。選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-PW11H-Tの最安値はコチラ!

買ってよかったドラム式洗濯機トップ3とその評価:パナソニックはどうか?

買ってはいけない洗濯機って?買ってよかった洗濯機おすすめ6選!
今度は、ドラム式洗濯機で高評価を受けている製品を紹介します。

縦型洗濯機を長く使用していた方でも、新しい機種を購入する際にはドラム式に夢中になる人が増えています。

東さん
ドラム式の特長は、縦型よりも洗濯物が絡まりにくい点です。

絡みにくいという特性は、洗濯物へのダメージを減らす効果もあります。

また、縦型に対して水の使用量が少ないという点もドラム式の利点です。

以下がドラム式洗濯機で特に評価が高い3つの製品です。

  • 日立 ビッグドラムBD-SG100FL
  • パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX900BL
  • 東芝ZABOON ドラム式洗濯乾燥機 TW-127X9

各製品について詳しく見ていきましょう。

買ってよかったドラム式洗濯機①:日立 ビッグドラムBD-SG110JL

買ってよかったドラム式洗濯機
最初におすすめするのは、「日立 ビッグドラムBD-SG110JL」です。

ドラム式洗濯機は一貫して洗浄から乾燥までこなすのが魅力ですが、その価格が縦型よりも高いので購入を躊躇する人も少なくありません。

そんな方々にぴったりなのが、この日立製の「ビッグドラム」です。

他のドラム式製品に比べ、価格が非常に手頃です。

その上で、「風アイロン」機能も搭載されており、タオルがふわふわに、シャツにはシワがつきにくいと高評価を得ています。

日立 ビッグドラムBD-SG110JLの最安値はコチラ!

買ってよかったドラム式洗濯機②:パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX113CL

買ってよかったドラム式洗濯機
次に高評価を得ているのは、「パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX113CL」です。

多数の賞を獲得しているこの製品は、パナソニック独自の「ナノイーX」を搭載しており、日本アトピー協会推進品にも選ばれています。

洗剤の自動投入機能も備え、スマホ連動機能もあります。

特に、ナノイーX機能は、通常の洗濯機で扱えないような衣類も自宅で洗える大きな利点です。

パナソニック NA-LX113CLの最安値はコチラ!

買ってよかったドラム式洗濯機③:東芝ZABOON ドラム式洗濯乾燥機 TW-127XP3L

買ってよかったドラム式洗濯機
最後におすすめするドラム式洗濯機は、「東芝ZABOON ドラム式洗濯乾燥機 TTW-127XP3L」です。

この製品の注目点は、ウルトラファインバブル洗浄テクノロジーを採用。この機能は、細かな汚れまで効率よく取り除きます。

ウルトラファインバブルは、シャワーヘッドでよく見られる機能としても知られています。

洗剤を衣類の繊維深くまで浸透させる能力があり、匂いもしっかりと防げます。

また、すすぎの段階でも非常に優れており、残留洗剤をしっかりと取り除けます。

水だけを用いて洗浄からすすぎまで効率よく汚れを落とすこの機能は、製品の人気の一因となっています。

東芝ZABOON TW-127XP3Lの最安値はコチラ!

買ってはいけない洗濯機とその選び方:アイリスオーヤマとビートウォッシュはどうなの?

買ってはいけない洗濯機って?買ってよかった洗濯機おすすめ6選!
今回は、購入を避けるべき洗濯機とその選び方について詳しく解説します。

簡潔に言えば、次の2つのモデルは避けるべきです。

  • ドラム式:アイリスオーヤマ HDK832A
  • 縦型:JW-KD85A

選び方のポイントは、縦型とドラム式の両方に適用可能ですので、ぜひ参考にしてください。

避けるべき洗濯機①:アイリスオーヤマのドラム式洗濯機 HD71

よく避けるべきとされるアイリスオーヤマのドラム式洗濯機ですが、具体的な理由は何でしょうか。

一般的に、避けるべきドラム式洗濯機には「乾燥機能がない」という共通点があります。

ドラム式は基本的に縦型より洗浄力が劣るため、乾燥機能のないのはおすすめしません。

特に、一人暮らしの方にとってはその大きなサイズはメリットが少ないでしょう。

ただし、アイリスオーヤマの多くのドラム式洗濯機は乾燥機能がついています。

そのため、一概にすべてのモデルがダメだとは言いませんが、"HD71"には乾燥機能がありませんので注意が必要です。

避けるべき洗濯機②:海外メーカーのハイアールは要注意

海外製の洗濯機、特に中国のハイアールが出している「JW-KD85A」などは、よく避けるべきとされています。

価格は日本製よりも安く、一人暮らしには手頃な価格帯もありますが、「品質が低い」という評価も一部に存在します。

具体的な指摘点としては:

  • 洗剤の取り出し口が壊れやすい
  • 洗浄力が縦型に比べて劣る
  • 脱水性能が不十分

これらを踏まえて、コスパを重視するだけでなく、品質面もしっかりと考慮する必要があります。

日本で販売されている洗濯機はほとんどが高品質基準で作られているため、基本的には満足度も高いです。

安いからといって、必ずしも品質が低いわけではないのを理解しておくと良いでしょう。

洗濯機選びで失敗しないためのポイント:単身者から大家族まで注意すべきこと

買ってはいけない洗濯機って?買ってよかった洗濯機おすすめ6選!

洗濯機の種類とその特性を理解する:選び方の第一歩

売り場や公式ウェブサイトでは、商品の利点が強調されていますが、デメリットは目立たない場合が多いです。

そのため、口コミや購入者の評価をネットで調査が重要です。

具体的には、強力な洗浄力を求める場合は縦型洗濯機が適しています。

一方、乾燥機能や節水性、洋服への優しさを重視するならば、ドラム式洗濯機がおすすめです。

  • デザインでドラム式を選んだけど、使っていると思っているほど汚れが落ちていないことに後悔。
  • 洗浄力にこだわって縦型を購入したけど、実際に洗う衣類はデリケートな素材が多く、洗濯でのダメージにがっかり。

自分の優先事項を明確にして選べば、後悔が少なくなります。

選ぶべき容量とは:生活スタイルに合わせたサイズ選び

洗濯機の容量が大きければ大きいほど、価格も高くなる傾向があります。

しかし、家族の人数や洗濯物の量に合わせて選ぶのが基本です。

特に、1〜2人用でも毎日洗濯するわけではない場合、少し大きめの容量を選ぶと便利です。

容量に余裕があると、洗いムラも防げます。

設置に関する注意点:場所、搬入ルート、サイズ、開閉の方向

設置する場所のサイズは、購入前にしっかりと計測が基本です。

しかし、特にオンライン購入の場合、搬入が難しいケースも考えられます。

リアル店舗での購入ならば、販売員が事前に確認もあります。

しかし、ネット購入は全て自己責任ですので、注意が必要です。

洗濯機の扉の開閉方向も確認して、使い勝手に合った商品を選びましょう。

以上のポイントを押さえ、失敗しない洗濯機選びをしましょう。

まとめ

買ってはいけない洗濯機って?買ってよかった洗濯機おすすめ6選!
洗濯機選びで大切なのは、自分のニーズに合った商品をしっかりと選ぶことです。

  • 強い洗浄力が必要、または設置スペースが限られている場合:縦型洗濯機がおすすめ
  • 乾燥機能、節水性、衣類への優しさを重視:ドラム式洗濯機が良い選択

特にドラム式洗濯機を選ぶ場合、搬入経路や扉の開閉方向などの細かい点も確認する必要があります。

洗濯機は長期間使用する家電です。短い場合でも数年、長い場合は10年以上も使い続ける場合が多いです。

だからこそ、慎重な選び方が必要です。

このガイドが、あなたが後悔しない洗濯機選びに役立つのを願っています。ぜひ、最適な一台を見つけてください!

\役立ったら周りにシェア!/

-生活