ゴルフ 右に飛ぶ原因とは?ドライバーやアイアンで初心者が失敗する理由とは?

ゴルフ 右に飛ぶ原因とは?ドライバーやアイアンで初心者が失敗する理由とは?
「ゴルフでボールが全部右に飛ぶ…」
「ドライバーで打つ度に途中で右に曲がっていく…」
「ゴルフでドライバーだけが右に飛ぶ原因は?」

ボール打つたびに右に飛んでいくとイライラが爆発しますよね。

ゴルフで右へ飛ぶミスは、ゴルフ初心者が必ずといっていいほど直面する悩みです。真っすぐの軌道を描きたいと思いながらも、中々実現せずにゴルフが嫌になってしまう方もいます。

そしてゴルフで右へ飛ぶミスがいつまでも直らない人に共通しているのは「ミスの原因と改善策を知らない」ということです。

反対に言えば、ゴルフで右に飛ぶ原因と改善策をしっかりと理解し練習に取り入れることで、段々と右へ飛ぶショットが減少し理想のボールが身に付いてきます。

そこで当記事では、ゴルフでボールが右に飛ぶ原因や直し方等を解説しています。

ゴルフボールが右に飛ぶことで悩んでいる人は、是非一読して理想のボールを手に入れましょう。

当記事は右打ちのゴルファー視点で解説をしています。左利きのレフティーの方は左右を反転するイメージでお読みください。

ゴルフボールが右に飛ぶ原因と理由とは?

ゴルフボールが右に飛ぶ原因と理由とは?
一概にゴルフでボールが右に飛ぶと言っても「途中から右に曲がる」「打ち出しから右に飛ぶ」等様々です。

そして、右へ飛ぶ軌道によっても原因や改善策が異なるため、まずは自分のミスがどのようなミスなのかを確認しましょう。

ここでは、タイプ別に右に飛ぶ原因と理由を解説します。

スライス

ゴルフの「スライス」とは、ボールに強い横回転がかかり、ボールが右に曲がるショットを指します。初心者の方が必ずと言っていいほど、悩みの種となるミスです。

森山プロ
ちなみにスライスと逆の意味で使われる「フック」とは、ボールが左に曲がる軌道という意味ですよ。

ゴルフのスライスは、より細分化すると以下の4つに分けられます。

プルスライス

ゴルフの「プルスライス」とは、左に打ち出され右に曲がるボールです。

打ち出しが左になるため、右へのOBになることは少ないですが、曲がり幅が大きいため飛距離が出にくいという特徴があります。

アウトサイドインのカット軌道で打っていることが主な原因となります。

ストレートスライス

ゴルフの「ストレートスライス」とは、真っすぐ打ち出され右に曲がるボールです。

打ち出しは真っすぐですが途中から右に曲がるため、右へのラフやOBに入ってしまう原因となります。クラブの軌道は真っすぐですが、フェースが開いてインパクトしていることがストレートスライスの原因です。

プッシュスライス

ゴルフの「プッシュスライス」とは、右に打ち出され右に曲がるボールです。

打ち出しが右になるにも関わらず、更に右に曲がるため、大きく右に飛ぶことが特徴です。多くの場合、隣のコースやOBに飛んでしまうため、大きくスコアを崩す原因となります。

主な原因として、インサイドアウトの軌道にも関わらずフェースが開いていることが挙げられます。

プッシュアウト

ゴルフの「プッシュアウト」とは、スライスとは異なりボールは曲がりませんが、大きく右に飛び出す軌道です。

右にまっすぐと飛ぶため、OBの危険性があり、改善を要するボールです。

インサイドアウトの軌道で、フェースが飛球線方向に向いていることが原因となります。

特定のクラブだけ右に飛ぶことも

中にはドライバーやアイアン等、特定のクラブだけ右に飛ぶ方もいます。

特定のゴルフクラブだけ右に飛ぶ場合に考えられる原因は以下の3つです。

  • ボールの位置が間違っている
  • クラブが合っていない
  • 特定のクラブにだけ悪い癖が付いている
  • このように様々な原因が考えられるため、次の章からは特定のクラブだけ右に飛ぶ原因と直し方を紹介していきます。

    ドライバーだけ右に飛ぶ原因と直し方

    ドライバーだけ右に飛ぶ原因と直し方
    「アイアンは問題ないけれどドライバーだけ右に飛ぶ」という方は多いです。

    長い距離を打つことができるドライバーで大きく右に飛ぶショットをしてしまうとスコアに大きく影響してしまいます。

    森山プロ-笑顔
    ゴルフの花形とも言えるクラブのため、原因を見つけてフェアウェイにナイスショットをできるようにしましょう。

    ここでは、ゴルフでドライバーだけ右に飛ぶ原因と直す方法を解説します。

    ボールの位置・ティーの高さを見直す

    ゴルフでボールが右に飛ぶ方は、ボールの位置やティーの高さが原因となっている可能性があります。

    ゴルフの適切なボールの位置やティーの高さは個々によって異なりますが、一般的にボールの位置は左足の親指のライン上、ティーの高さはドライバーのヘッドからボールが3分の1から半分程度出る高さが適切です。

    ボールの高さが右すぎる場合、フェースローテーションを行う時間がなく、フェースが開いたままインパクトを迎えてしまいます。また、ヘッドがインサイドに回る前にインパクトを迎えるため、出玉が右に飛ぶ原因ともなります。ティーの高さに着目すると、ティーを低くすることで、最下点でインパクトしようと、アウトサイドインのスイングになりやすくなり、結果としてスライスして右に飛ぶ原因となるのです。

    反対に言えば、ボールの位置を左、ティーの高さを高くすることで右に飛ぶボールが減少し、フック系のボールが出やすくなります。しかし、いきなりボールの位置を左にしすぎると、今度は引っ掛けやチーピンの原因となるため、少しずつ調整していきましょう。

    クラブが寝ていると右へ飛ぶ

    ゴルフでクラブが寝ているスイングをしている場合、ボールが右に飛ぶ原因となる可能性があります。

    バックスイングでクラブが寝ると、フェースが開きやすく、オーバースイングになりやすいです。その結果頭は起き上がり、シャフトクロスも生じ、極端なスライスや右に抜けるボールとなる原因となります。

    クラブが寝るとは?

    「クラブが寝る」とはバックスイングやダウンスイング時に、ヘッドが手よりも後ろとなり、シャフトが地面と平行に近い角度で行われるスイングです。特にシャフトが長いドライバーで生じやすく、ドライバーだけ右に飛ぶ方はまず着目したいポイントと言えます。

    ゴルフでクラブが寝る原因の1つとして、スイングの始動から腕を使いすぎていることが挙げられます。腕に力を入れすぎず、肩や腰の回転を主導としたバックスイングをすることでゴルフクラブが立ったスイングに近付くでしょう。

    他にも、左脇を開かないようにすることも、クラブが寝たスイングを改善するためのポイントです。タオル等を両脇に挟んで、落ちないようにスイングする練習をすることで、クラブが立ったスイングに近付けるでしょう。

    森山プロ-横顔
    タオルでも十分に練習可能ですが、本格的な矯正グッズも販売されているため活用するのもありですよ。

    ドライバーそのものを見直すことも有効

    ドライバーのスペックが合っていないことも、ゴルフで右に飛ぶ原因となります。

    基本的はフックフェースでライ角が大きいドライバーほど、ドロー系統のボールが打ちやすいです。またロフト角の大きさも重要で、ロフト角が大きいほど右へ飛ぶ原因となるサイドスピンがかかりにくくなり、スライスの幅が減少する効果が期待できます。

    森山プロ-笑顔
    現在、ゴルフショップなどが行っているクラブフィッティング等で、自身のスイングとマッチしたドライバーも見つけることができるため是非活用してみましょう。

    アイアンだけ右に飛ぶ原因と直し方

    アイアンだけ右に飛ぶ原因と直し方
    中には「ドライバーはまっすぐ飛ぶが、アイアンだけ右に飛ぶ」という方もいるでしょう。

    ここでは、ゴルフでアイアンだけが右に飛ぶ原因や直し方を解説しています。右に飛ぶアイアンショットの原因を判別し、ゴルフのコース上でピンに一直線に向うショットを打てるようにしましょう。

    ボールを遠くに置いて打つ

    アドレス時のボールが身体に近すぎる場合、右に飛ぶ原因となります。

    身体にボールが近すぎると急激なカット打ちの原因になってしまうためです。軽度なカット打ちならばフェードという持ち球にもなり得ますが、右に飛んでいるということは極端になっている可能性が高いため、一度確認をしてみましょう。

    反対にボールを遠くに置くことでインサイドアウト軌道のスイングになりやすく、スライスを防止しやすくなります。

    ボールと身体の位置が適した位置は個々によりますが、アイアンの場合ベルトとグリップの間に拳が1.5個分程度入る広さが一般的です。

    ハンドアップを修正する

    「ハンドアップ」なアドレスは、ゴルフで右に飛ぶ原因となります。

    ゴルフのハンドアップとは、アドレス時に手元が浮き上がっている状態を指します。ハンドアップになることでヘッドのヒール部分が浮き上がり、トゥが地面に着地する形となります。その結果、フェース面が右を向き、真っすぐなスイングをしてもボールが右に飛んでしまう原因となるのです。

    反対に手元が下がった「ハンドダウン」を身に付けることで、同じ軌道を描いてもフェースが左側を向くためゴルフで右へ飛ぶボールの克服に繋がります。

    森山プロ-横顔
    ハンドダウンが強いプロゴルファーの代表として「渋野日向子」プロが挙げられます。渋野プロは「手が長いだけで意識はしていない」を言っていますが、スイングの形の参考となるため、YouTube等でスイング動画を探してみましょう。

    ドライバーもアイアンも右に飛ぶ原因と直し方

    ドライバーもアイアンも右に飛ぶ原因と直し方
    「ゴルフで特定のクラブではなく、ドライバーやユーティリティー、アイアン全てが右に飛ぶ」という方は非常に多いです。全てのゴルフクラブで右に飛ぶ人は、全てのクラブに共通した悪い癖が付いている可能性が高いです。

    反対に言えば、その原因を直すことができれば一気にドローボールを習得することも夢ではありません。

    ここではゴルフで全てのクラブが右に飛ぶ原因や直し方を解説しています。

    アドレスの向き正しいか確認する

    ゴルフでボールが右に飛ぶ人は、そもそもアドレスで右を向いている可能性があります。特に、練習場では真っすぐアドレスができてもコースに出ると急に右を向いている方は非常に多いです。

    身体全体が右を向いていたら当然右に飛びますが、スタンス(足の位置)が正しくないだけでも大きく左に飛ぶ原因となります。

    具体的には、ターゲットに対して体が開くアドレス(左足が下がっている状態)であると、アウトサイドイン軌道のスイングになりやすく、右に飛ぶ原因となります。

    森山プロ-笑顔
    反対に言えば、身体を閉じるアドレス(左足が前に出ている状態)の場合、インサイドアウトの軌道になりやすく、捕まったボールが出やすくなるということです

    改善方法としては、ゴルフの練習場で単に真っすぐ打つだけでなく、斜めのターゲットを設定してショットを行います。その際、1球1球後ろに下がり別のターゲットを設定しましょう。その結果身体の向きを、目線を含めて身に付けることが可能となります。

    スタンスの向きを変えてボールの軌道を調節することは、コース上で急にボールが曲がり出した際の応急処置の対策にもなるため、ゴルフ練習場で実験してみてください。

    ウィークグリップになりすぎていないか

    グリップが「ウィークグリップ」になりすぎている方は、ゴルフで右に飛ぶ場合が多いです。

    ゴルフのウィークグリップとは左手の甲がターゲット方向を向き、親指が上を向いているグリップの握り方です。ウィークグリップでスイングをすると、フェースが開いてインパクトをしやすくボールが右に飛ぶ原因となります。

    ウィークグリップとは反対に、左手を被せるグリップの握り方を「ストロンググリップ」と言いますが、ストロンググリップに近付けることで、右に飛ぶ原因が改善する可能性があります。

    身体の回転を使ったスイングを行う

    ゴルフで手打ちのスイングになっている場合、ボールが右に飛ぶ原因となります。

    手打ちのスイングは極端な縦振りになりやすく、スライスが出やすいためです。また、シャフトクロスが原因で右へプッシュアウトする原因ともなります。

    そのため、手打ちを改善し身体全体を使ったスイングを身に付けましょう。

    片手打ちを取り入れる

    身体全体を使ったスイングを身に付けるためにおすすめの練習法が「片手打ち」です。

    片手打ちとはその名の通り、片手でグリップを握りそのままボールを打つ練習法です。

    片手でスイングをすると、腕だけでスイングすることが難しく、身体全体を使わないと上手に振ることができません。身体の回転を使用する必要があるため、自動的に身体の回転が身に付くという仕組みです。

    片手で打つ練習を毎日左右5球ずつ行いましょう。最初は腰から腰程度の大きさで始めて、慣れてきたら徐々に大きくすることがおすすめです。

    この練習をコツコツと続けることでボールが右に飛ぶ原因である手打ちを修正していけるでしょう。

    森山プロ
    打ちすぎると手首に負担がかかる原因となる可能性があるため注意してくださいね。

    振り遅れを改善する

    ゴルフで右に飛ぶ原因として、スイングが振り遅れている可能性があります。

    ゴルフの振り遅れとは、ダウンスイング時に身体や肩の開きが早めに生じ、ヘッドが後ろになってしまうスイングです。特に野球経験者等に表れやすいです。

    スイングが振り遅れることで、フェースが開いたままインパクトを迎え、スライスして右に飛ぶ原因となってしまいます。

    背面打ちを取り入れる

    振り遅れを矯正するための練習法には「背面打ち」があります。

    背面打ちとは、打つ方向に背中を向けて構えてボールを打つ練習法です。ボールの位置は、左の踵のライン上です。

    背面打ちをすることで、身体を開かずにボールをインパクトする腕と身体の使い方が身に付きます。その結果ゴルフで振り遅れから生じる右に飛ぶミスを改善することが可能です。

    ゴルフスクールの体験レッスンを受けるとすぐ直る?

    ゴルフスクールの体験レッスンを受けるとすぐ直る?
    「ゴルフでいつも右斜めに飛ぶけれど独学では治らない…」「ゴルフレッスンに通えば正しい打ち方が身に付く?」等とゴルフレッスンを検討する方も多いです。

    もちろん、独学で上達している人も数多く存在しますが、ゴルフレッスンに通うことで更に効率良く上達することが可能です。

    費用はレッスン形態によって大きく異なりますが「体験レッスン」を活用することで通常よりも安い金額でレッスンを受けることができます。

    誰もが1回で直るわけではない

    中には「ゴルフレッスンに1回通ってレッスンプロの指導を受ければ一発で右に飛ぶミスが直るかも」と考える方もいますが、誰もが1回のレッスンで直るわけではありません。

    もちろん1回で右へ飛ぶスイングを改善できる方もいますが、レッスンを重ねるごとに徐々に成果が表れるパターンが多いです。

    ゴルフレッスンは継続することが大切

    ゴルフレッスンは中長期的に継続することで最大限の効果を発揮します。

    なぜならゴルフは、スイングの「修正」と「定着」を繰り返すことによって上達していくためです。しかしゴルフレッスンでは時間が限られているため、自主練習で定着をさせる必要があります。

    そのため「ゴルフレッスンでスイングを修正」と「自主練習でのスイングの定着」を何周も繰り返すことで徐々に上達していくというイメージを持ちましょう。

    下記はゴルファッション編集部の社員が通っているゴルフレッスンです。右に飛ぶ癖はすぐに治り、スコアがどんどん良くなっています。興味あれば参考にしてください。

    まとめ

    ゴルフ初心者に必ずと言っていいほど立ちはだかるのが、右に飛ぶミスです。インテンショナルスライスのように意図的に曲げているボールとは違い、意図せずにボールが右に行くスイングは修正する必要があります。

    ボールがスライスして右に飛ぶ軌道になってしまうと、飛距離が大きく落ちるだけではなく、OBやラフに入ってしまい、スコアが崩す原因となってしまいます。

    そこで当記事では、ゴルフでボールが右に飛ぶ原因や直し方を解説しました。

    「ボールが右に飛んでしまう」と悩んでいる方は当記事を参考にして「ドライバーでフェアウェイのど真ん中へ」「アイアンがピンに一直線」というショットを身に付けてみてくださいね。

    おすすめの記事

    -ゴルフ初心者