ゴルフ 当たらない原因とは?つまらないから脱却!初心者の練習方法と解決策を大公開!

ゴルフ 当たらない原因とは?つまらないから脱却!初心者の練習方法と解決策を大公開!
「ゴルフでボールに全く当たらない!」
「ゴルフを始めたけれど空振りばかり…原因が分からない…」
思うようにボールが飛んでいかないとイライラしますよね。

しかしゴルフ初心者の方がいきなりナイスショットできることは非常に稀なんです。ほとんどの場合、空振りやチョロが連発される等、全く当たらない状況が続きます。

しかしいつまでも当たらない状態だとせっかく始めたゴルフもつまらないですよね。

そこで当記事では、初心者がゴルフで当たらない原因や解決策等を解説しています。

ゴルフでボールに当たらない原因や解決策を理解し、脱初心者へ一歩踏み出しましょう。

初心者がゴルフ 当たらない原因とは?

ゴルフで脱初心者をするためには、まずボールに当たらない原因を把握する必要があります。

ここでは、ゴルフ初心者がボールに当たらない原因を3つ解説します。

ゴルフ 当たらない原因1:身体の軸が大きく動いている

ゴルフでボールに当たらない人は、スイング中に身体の軸が大きく動いていることが原因の場合があります。

身体が上下に動くと、大きく地面を打ってしまう「ダフリ」や、ボールの頭を打ってしまう「トップ」の原因となります。最悪の場合は空振りをしてしまうこともあるでしょう。

また、身体が左右に動くことも、当たらないスイングの原因となります。

アドレスからトップに行くまでに身体が右に大きく動くと、身体の軸が右に傾いて、すくい打ちになってしまい、ダフリやトップ、空振りの原因となってしまいます。反対にスイング時に左に突っ込みすぎても同様にダフリの原因となってしまうのです。

イメージとしては「頭を動かさない」ことを意識しましょう。身体の軸の動きを最小限に留めたスイングを身に付けることで、正しいインパクトを迎える確率が向上します。

森山プロ-笑顔
「頭を動かさない」を言う意識が強すぎるあまり、手だけでスイングをする「手打ち」の原因になる場合が多いため注意しましょう。

ゴルフ 当たらない原因2:スイングの軌道が安定していない

ゴルフでボールに当たらない人は、スイングの軌道が安定していないことが原因であることも多いです。

具体的には、インパクト時に外側から内側に入る軌道(アウトサイドイン)や内側から外側に向かう軌道(インサイドアウト)、上から下に急激に振り下ろすような軌道等、スイングするたびに違う軌道を描いている等です。

スイングの軌道がバラバラであるため、空振りやダフリ、シャンク(クラブヘッドの根元に当たって大きくボールが右に飛ぶミスショット)等様々なボールが出る原因となってしまいます。

クラブの軌道を安定させることで、ボールの軌道も安定します。また、自分に出るミスショットの傾向も一定になるため、スイングの軌道を安定させるだけで、大きくスコアが縮まりますよ。

ゴルフ 当たらない原因3:アドレスやボールの位置、グリップが間違っている

ゴルフで球に当たらない原因には、アドレスやボールの位置、グリップが間違っている可能性もあります。

例えば「ボールの位置が遠すぎてクラブが届いていない」「グリップが間違っているせいで、インパクト時にフェースの向きが大きく傾いている」等が原因として挙げられます。

アドレスやグリップは悪い癖が付きやすく、今後のフォームが崩れる原因ともなるため、初心者のうちに正しいフォームを身に付けましょう。

久しぶりのゴルフは当たらない?

中には「久しぶりにゴルフをしたら、全くボールに当たらない状態になっていた…」ということもあります。

ゴルフ初心者の場合、未だフォームが身体に染みついていないことから、感覚を取り戻すために多くの時間を要する場合があるのです。

今までやってきたことが無駄になったようでショックかもしれません。しかし、今まで積み上げていた練習があるため、感覚が元に戻れば比較的早く元通りのボールが打てるようになるでしょう。

森山プロ-笑顔
反対に「久々に練習場に行ったら、何故かナイスショットが連発した」なども起こるためゴルフは難しいですね…

コースデビューは当たらないのは常識?

「ゴルフの練習場ではちゃんと打ててたのに、本番のコースでは全く当たらなかった…」という方は非常に多いです。

しかし安心してください。コースデビューの時から練習場と同じように打てる方はほとんど存在しません。初めてのラウンドでボールに当たらないのは常識と言っても良いでしょう。

初ラウンドでボールが当たらない原因は、打ちっ放し場とは異なり、傾斜があるためです。傾斜があると、身体とボールの距離が異なるため、練習場とは全く違う環境下でのショットとなるのです。

また、地面がマットではなく芝である点も原因の1つです。練習場のマットだと極端にダフっても、クラブヘッドがマットを滑ってボールが飛んでくれます。しかし、地面が芝である場合、ダフるとクラブが滑らずに地面を抉ってしまうため全く飛ばないのです。

森山プロ
初ラウンドで当たらないスイングが続いても落ち込む必要はありませんよ。コースデビュー時は130回以上や、打ちすぎて数えるのをやめた人も多いです。

女性が当たらないのは特別な理由があるの?

基本的にゴルフでボールに当たらない原因は男女で同じですが、一点「女性は非力な方が多い」という特徴があります。

非力な方が、身体の回転を使わない「手打ち」のスイングをしてしまうと、全く玉に当たらない原因となります。女性の力ではゴルフクラブを腕だけでスイングすることは難しく、正確にボールに当てることが難しくなるのです。

手打ちになるとゴルフの安定性が低下するだけでなく、飛距離も落ちるため、身体の回転を使ったスイングをすることが大切です。

クラブ別:当たらない原因を解説

ゴルフ 当たらない原因
中には「アイアンは比較的打てるのにドライバーは全く当たらない」等という方もいるでしょう。一括りにゴルフクラブと言っても、クラブの種類によって様々な特性があるため、特定のクラブだけが当たらないという場合も起こり得ます。

そこでここでは、クラブ別の当たらない原因を解説します。

ゴルフ初心者でドライバーが当たらない原因

ゴルフ初心者でドライバーが当たらない原因として「飛ばそうとする意識」が挙げられます。

多くの人は「ドライバーは飛ぶクラブ」「ドライバーを遠くに飛ばしたい」という気持ちを持っています。それが原因で、無意識に力みが入り、スイングも大きくなりがちです。

また、ドライバーは一番長いクラブであるため、それだけ的確にボールを打つことが難しいという理由もあります。

ドライバーで100ヤードを打つ練習をする

ドライバーが当たらない方は、ドライバーで100ヤードを打つ練習がおすすめです。

あえて力を抑え、飛ばさない練習をすることで、ボールを弾く感覚を確認することができます。また、100ヤードを目標地点にして打つ練習をすることで、ボールをコントロールする技術が身に付くため、徐々にドライバーの安定性が向上していきます。

フェウェイウッドやユーティリティが当たらない原因と解決策

ウェアウェイウッド(FW)やユーティリティ(UT)が当たらない原因は「クラブの長さ」にあります。

クラブは長くなるほど難しくなる傾向にあります。また、ドライバーの場合はティーアップしますが、フェアウェイウッドやユーティリティは地面から打つクラブであるため、それだけ正確にコンタクトする必要があるのです。

特に3番ウッドである「スプーン」は中級者や上級者であっても正確に打つことが難しいクラブです。

そのため初心者の方は、まずはアイアンやウェッジの練習に重きを置いて、徐々に短いユーティリティやウッドから少しずつ習得していきましょう。

森山プロ-横顔
初心者のうちは、ウッドとユーティリティを封印したクラブセッティングにした方が、スコアがまとまりやすいですよ。

ボールを極端に左にセットしてボールを打つ

フェアウェイウッドやユーティリティにおけるおすすめの練習方法は「ボールを極端に左にセットしてボールを打つ」練習です。

ボールを左に置いて打つことで、ボールを打ち込む感覚を取り除くことができ、ダフりの原因を排除できます。また、ソールを滑らせて打つ感覚も身に付けることも可能です。

極端に左に置いてしっかりと打てるようになったら、徐々にボールを右側に移動させ、適切な位置から同じ感覚で打てるようになりましょう。

ゴルフ初心者がアイアンで当たらない原因と解決策

ゴルフの初心者がアイアンで当たらない原因は、上述の通り「身体の余計な動き」と「不安定なスイングの軌道」です。

アイアンのスイングは全てのクラブの基礎となります。ショートアイアンをしっかりと打てないと、他のクラブはまず当たらないため、初心者の方はアイアンの練習に重点を置きましょう。

ハーフショットを集中的に練習する

余計な身体の動きを抑えて、クラブの軌道が安定したスイングを身に付けるには「ハーフショット」を練習が有効です。

ハーフショットとはその名の通り、フルスイングの半分程度の大きさのスイング(ハーフスイング)でボールを打つ練習を指します。

ハーフショットは、フルショットと比較して身体を大きく使わないため、余計な身体の動きを防止することができるのです。その結果、安定したスイングの軌道も身に付けることができます。

最初は7番アイアン等のクラブを用いて、芯に当たるようになったら徐々にスイングを大きくしましょう。

森山プロ-横顔
ハーフショットは上級者も行っている練習です。安定したスイングを身体に染み込ませることができるため、初心者を脱しても続けることをおすすめします。

【共通】フルスイングで当たらない原因とは?

上記のハーフショットでは上手に打てても、フルスイングをすると急に当たらない状態になる方も多いです。

フルスイングで当たらない原因は「力み」と「手打ち」です。

フルスイングをする際に「少しでもボールを飛ばそう」と考えている方は非常に多いです。少しでもボールを飛ばそうと思うと、力みが出て手打ちの原因となってしまいます。

また、当たらないボールが続くと「何とかボールに当てよう」という気持ちから、手だけのスイングで打とうとしてしまうのです。

それによってスイングは崩れ、全くボールに当たらなくなる原因となってしまいます。

身体の回転を意識したスイングを行う

フルスイングで当たらないと感じたら、身体の回転を意識したスイングをしてみましょう。

腕を過剰に使わないスイングにすることで、的確なコンタクトをすることができます。更に、力感の入った手打ちのスイングよりも、力感の無い身体の回転を使ったスイングの方が飛距離も出ます。

ゴルフを上達するには身体全体を使ったスイングは必須ですので「飛ばさなくて良いから回転を使って芯で打つ」ことを意識した練習を取り入れることが大切です。

森山プロ
いきなり「身体の回転」と言っても難しいため、まずはハーフショットを身体の回転だけで打つ練習を取り入れてみましょう。

ゴルフ 当たるようになるまで必要な期間とは?

上記のハーフショットを取り入れた練習をすると、1,000球も打てばある程度空振りをしないスイングが身に付きます。

しかし「当たるようになる」の基準が「ミスショットをしない」の場合、それは非常に難しいです。何故なら上級者や女子プロ、男子プロ問わず、全てのショットが満点なゴルフファーはいないためです。

そのため大切なことは「ラウンド中に許容できるショットを打てる確率を上げていく」ことです。

森山プロ-笑顔
日々の練習が非常に重要になるため、今現在当たらないと悩んでいてもコツコツ頑張りましょう。

ゴルフボールが突然急に当たらないのはスランプかも?

ゴルフ 当たらない 原因
以前まではしっかりと打てていたのに、突然ボールに当たらなくなった場合はスランプの可能性もあります。

普段行っているスイングが少しずつずれていくことが原因となり、後に大きなズレを生み、ボールに当たらなくなったという方も多いです。

疲れが溜まっていることが原因で急に当たらない日が出てくる時もあります。当たらない日にラウンドとなったことを想定して、調子が悪いなりのマネジメントを予習しておくことが大切です。

ゴルフのスランプ脱出方法

スランプにも関わらず、何の対策もしない練習は、いつまで経ってもスランプから脱出できない原因となります。

スランプに陥った時は、とにかく基本の基本に戻ることが大切です。できるだけ思考と動きをシンプルにして正しい基礎を取り戻しましょう。

ここでも有効な練習になるのがハーフショットです。

ハーフショットは全ての基礎が詰まっている練習と言っても過言ではないため、スランプになった際も取り入れることが有効です。

ゴルフスクールに行くのもオススメの理由

ゴルフ 当たらない 原因
ゴルフでボールに当たらないという初心者の方はゴルフスクールに行くものおすすめです。

ゴルフスクールに通う事で、独学よりも速いスピードで上達するのはもちろん、ゴルフが更に楽しくなるメリットも存在するのです。

スイングの修正点が明確になる

多くのゴルフ初心者が中々上達できず100切りまで何年もかかる原因が「自身のスイングの修正点を分かっていない」ことです。

これには「そもそも正しいスイングが分からない」「自分のスイングがどうなっているか分からない」に分けられますが、ゴルフレッスンへ通えばどちらの原因もすぐに解決します。

正しいスイングに係る知識が豊富であるレッスンプロが、客観的に自身のスイングを確認するため、フォームの修正点を明確にすることができるのです。

森山プロ-笑顔
フォームの修正点が明確になったら、理想のフォームに向けて練習を行います。もちろん、フォームの修正方法も指導してもらえますよ。

自主練習で何をするべきかが明確になる

また、ゴルフ初心者は普段の練習で特段の目的を持たずに取り組んでいるケースも多いです。ただ何となくボールを打って、目の前の一球に一喜一憂する練習は上達しない原因となります。

そこでゴルフレッスンに通えば「自分が自主練習で何をするべきか」を知ることができます。

個々に合った練習方法や練習目的のアドバイスを貰えるため、普段の練習の質を高めることもできるでしょう。

マナーやスコアメイクの方法を知ることができる

ゴルフレッスンに通う事でマナーや好スコアをとる(スコアメイク)の方法も知ることができます。

マナーを覚えていないことが原因で他人を不快にさせることも少なくありません。また、綺麗なスイングをしていても、スコアメイクが分からなければ、良いスコアにならない原因ともなります。

もちろん、通常のレッスンであってもこれらを学ぶことはできますが、コースレッスンやラウンドレッスンであれば、更に具体的に教わることが可能です。

森山プロ-横顔
ゴルフはマナーやエチケットを重んじるスポーツです。正しいマナーやエチケットを知っていると、自分はもちろん同伴者も気持ちよくプレーできるようになりますよ。

ゴルフ仲間が見つかる

1人で練習をしている状態で全くボールに当たらないと、ゴルフがつまらなくなってしまいます。その結果モチベーションが下がり、途中で挫折する原因ともなりかねません。

そこでゴルフレッスンに通えば、同じくゴルフを上達したいと考えているゴルフ仲間が見つかります。実際に「ゴルフレッスンで出会った方とプライベートでゴルフに行くようになった」というケースも数多くあるのです。

集団レッスンではもちろん、会員同士のコンペを開催しているスクールもあるため「ゴルフ仲間が欲しい」という方も是非レッスンへ通ってみましょう。

初心者を最短で100切りをするのを得意としている全国展開中のゴルフレッスン場に行ってきたのでぜひチェックしてくださいね。

まとめ

ゴルフを折角始めたにも関わらず全く当たらない状態ではつまらないですよね。

しかし当たらない原因を正しく理解して、修正するための練習を継続できれば、必ずボールに当たるようになります。

コースでナイスショットを打てるようになったら、ゴルフの楽しさも格段に向上しますよ。

そこで当記事では、ゴルフでボールに当たらない原因や、解決策等を解説したため、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの記事

-ゴルフ初心者